Right-Path

ページトップスクロール

注文建築 -オリジナルハウス-

ライトパスハウス

絆でつながるなごみの住まい。

構造説明 / 仕様

耐震等級3相当の強さ。地震に強いライトパスハウスの標準構造

木造軸組構法(在来工法)

日本古来の建築工法で、日本の気候や風土にも適しています。
コンクリートの基礎に土台を据え、そして柱を立て梁などで組み合わせて建物を支える構造となります。ライトパスハウスでは、天然材の約1.5倍の強度を誇るエンジニアリングウッドの柱や梁を使用し接合部には、耐震性の高い金具を使用することで、より強固な構造を実現しています

構造用面材(ハイベストウッド)

構造用ハイベストウッドは、壁倍率木造軸組構法2.5倍および4.0倍枠組壁構法3.0倍の大臣認定の構造用面材です。また構造用面材でポイントとなるせん断性能は、構造用合板のおよそ2倍と優れた構造強度で高い耐力を発揮します。

ベタ基礎(基礎パッキン)

建物の底一面をコンクリートで支える基礎。家の荷重を底全体で受け止め建物を支えるため負荷が分散し、安定性に優れている。
また基礎と土台の間に樹脂製の気密部材、基礎パッキンを組み込むことで土台から基礎へ湿気が伝わるのを防ぐことが可能です。

吹付断熱(アクアフォーム)

断熱性・気密性・吸音性に優れた高性能なウレタンフォーム素材。 建築現場で直接吹付けて発砲することで、形状にぴったりと密着するため気密性の高い施工が実現しました。
無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、他の断熱材に比べ優れた断熱性能を発揮します。

より上質の安心と安全をお届けできるよう、他の建物構法をオプションで承っております

ドリフトピン工法+構造用面材

柱と梁の接合にドリフトピンを使用する。柱にはほぞ穴がないので断面欠損が少なく耐震性にも優れた構造。

2×4・2×6工法

耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型の構造。壁や床で支えるので高い耐震性・耐火性・断熱性を持つのが特徴。

軽量・重量鉄骨構造

軽量(厚6mm未満の鋼材)・重量(厚6mm以上の鋼材)を用いて各部材が接合部で一体化する部材を強固に接合した構造。

鉄筋コンクリート構造

柱と梁からなる強固な骨組みをつくり、建物本体の重量や地震・台風でかかる水平方向の荷重を支える構造形式。

家づくりの進み方

 ① ライトパスの建物を見学してください

モデルハウスや完成したお施主様の建物を見てください。
ライトパスの住まいをご理解いただく為の大切な一歩です。

 ② 描いておられる想いを聞かせてください

どんなスタイルで暮らしたいのか、想いを聞かせてください。
大切な住まいですから、たくさんお話を致しましょう。

 ③ 建築地の選定と決定。そして現地調査

建築地をお持ちでない方もご相談ください。お力になります。
そして建築地が決まれば、形状や環境の調査を致します。

 ④ プランのスタートと確認をしていただきます

お施主様に合ったスタイルを平面上にて形にします。
ご納得いただけるまで、何度でもプランの調整を致します。

 ⑤ お見積りと資金計画を提出します

プランに納得いただければ、お見積りをいたし、
お施主様に合った資金計画を提出致します。

 ⑥ ご確認いただいたら工事の請負契約です

これまでのご計画を充分にご確認いただいた上で
ライトパスと工事の請負契約をしていただきます。

 ⑦ 書類等の提出や申込み

建築確認の申請書類を公の機関に提出。
また融資の申込みを金融機関へ提出します。

 ⑧ 地盤の状況調査をします

地盤の状況調査を致します。
問題のある土地の場合には、適切な地盤改良を提案します。

 ⑨ 着工

建築確認がおりましたら、地鎮祭を行い必要な場合は地盤改良を施し
そして基礎工事さらに上棟へと進みます。

 ⑩ 工事中間での検査

工事の途中で第三者機関と共に建築箇所の検査を行います。
そして済証の発行を受けます。

 ⑪ 完成・施主検査・引き渡し

完成した建物を、お施主様と共に検査します。
手直しがあれば工事を行い、後に建物の引き渡しとなります。

 ⑫ 定期点検やアフターメンテナンス

いつまでも末永く暮らしていただけるよう
お施主様に寄り添った感じでアフターフォローをして参ります。